「いつまでも美しい」プリザーブドフラワーの相場まるわかりガイド

贈り物を選ぶ際に、プリザーブドフラワーを検討している人も多いかも知れません。
いつまでも美しいプリザーブドフラワーは贈り物に向いていますが、生花よりも値段が高く設定されていることが多いです。あまりに値段が安すぎるプリザーブドフラワーを購入すると、花が破損しているなどのリスクがありますので、贈りたいと思ったプリザーブドフラワーの相場を知って、いい贈り物ができるようにしましょう。

プリザーブドフラワーのメリットとデメリットとは?

花は、冠婚葬祭のどのようなシーンにも贈りやすいギフトです。花の意味を押さえたうえで、シーンに合った花を贈れば、どんなシーンにも彩を与えてくれます。しかし、生花を贈られた場合は、受け取った側が花の管理を適切にしない限り、すぐに枯れてしまうのが特徴です。せっかく送ったギフトがすぐにダメになってしまうのは、何だかもったいない気がしますよね。
そこで、注目されるのがプリザーブドフラワーです。

メリット

プリザーブドフラワーは、生花のようにすぐに劣化することがなく、贈った後も受け取り側がストレスを感じることがないことが大きな魅力です。プレゼントとしては、いつまでも美しいという、メッセージもさりげなく伝えることができるのもいいですね。花粉アレルギーなどの心配もなく、たとえば病院のような他の人と部屋を共有する場合にも贈りやすいギフトと言えます。

デメリット

プリザーブドフラワーは、生花よりも破損しやすく、生花とは違い人の手で加工が加えられているため、値段は高くなってしまうことがあるのも事実です。プリザーブドフラワーは種類や箱によっても価格帯は様々ですので、相場を知ることが重要です。

価格帯の広いプリザーブドフラワー、何が違うの?

インターネットでプリザーブドフラワーの価格を検索すると、高いものは100万円、安いもので150円などの幅広い価格帯で販売されていることが分かります。レビューなどを確認すると、高い価格が設定されているものが、必ずしも評価が高いわけではなく、1,000円以下でも十分に高く評価されているものも多く確認することができます。

プリザーブドフラワーの価格帯は、本当に幅広いので、販売価格の相場を知ることがなかなか難しいと言えます。価格に影響する要素としては、花の品質や花の数、箱やギフトの種類、販売元などが挙げられ、人の手がかかっていればそれだけ値段が高くなっていくと言えます。自分が贈りたいプリザーブドフラワーのイメージを持つと価格帯がしぼりやすくなります。

1輪のプリザーブドフラワーの価格相場

バラ

バラの場合、花の部分だけで直径が2.3cmから2.7cmのものであれば、300円から500円程度の安価な値段で販売されていて、茎や葉の部分まで加工され、一本のバラとして箱詰めにされた高級なものであれば2,000円から7,000円程度の広い価格帯で販売されています。

ひまわり

ひまわりの場合は、1輪の花だけで700円程度のものもあれば、4,000円を超えるものもあります。この価格帯の差は、必ずしも1輪の差というわけではなく、花を入れる箱や装飾の差が大きく影響するようです。

安い価格帯のものはNG?

安い価格のものには、1輪の花として完成しているものではなく、1輪の花をたくさん組み合わせて花束のようにする材料の1つとして販売していることもあります。この場合、それだけではギフトにふさわしくないことがあるので注意しましょう。

プリザーブドフラワーを花束にすると、相場はどれくらい?

プリザーブドフラワーの花束をインターネットショップで確認すると、評価の高い組み合わせでも2,600円から10,800円という幅広い価格帯が見てとれます。

そのショップでは、バラのプリザーブドフラワーの花束を11本で7,600円で販売されていますが、バラの生花は12本で5,400円で販売されていました。やはり、プリザーブドフラワーは加工している分だけ値段が上がってしまうということですね。

別のインターネットショップで確認しても、プリザーブドフラワーが1,500円から6,700円での範囲で販売されており、特にバラの花束は好評価を得ていました。

プリザーブドフラワーを花束にした時の価格相場は、バラの花であれば、10本前後であれば、10,000円以下が多いようです。

10,000円を超えるプリザーブドフラワーの特徴は?

花束にすると1輪のプリザーブドフラワーよりも値段がかかることは当然ですが、10,000円を超えるようなプリザーブドフラワーは何が違うのでしょうか?

10,000円を超えるようなプリザーブドフラワーの多くは、花の数が増えるというよりも、花束を入れる箱やケースが上質なものになったり花の大きさ自体が大きくなったりすることにより、花束のギフトとしての質が上がっていることが多いです。他にもメッセージやキャラクターのぬいぐるみをつけて差別化を図っていることもあるようです。

本数を増やした場合も10,000円を超えることは当然ありますが、20本のバラの花束でも14,400円で販売されていましたので、本数に比例するわけではなく、本数を増やせばその分、1本当たりの単価は低くなるのかもしれません。

値段が安すぎるプリザーブドフラワーには要注意!

プリザーブドフラワーは、価格帯が幅広い分だけ、どうしても安い金額の商品に目がいってしまうこともあるでしょう。しかし、相場以上に安くなっているプリザーブドフラワーには、届いてみると花が破損していたり、何となく見た目が悪かったりするものがあります。

破損が起こる原因としては、プリザーブドフラワーは、衝撃などに弱く破損しやすいという特徴が挙げられます。あまりに安いプリザーブドフラワーの場合は、花自体はきれいにできているけれど、運搬する箱がペラペラで運搬途中に破損してしまった、というケースもあるようです。プリザーブドフラワーを良い状態で運搬するためにも、箱は重要な要素になると言えます。豪華さやきれいさを演出するためだけにあるわけではないのです。

また、プリザーブドフラワーにはプロの作り手が作っている場合と素人が作っている場合の両方があります。当然プロが作っている場合の方が人件費がかかっている場合が多いので、あまりに安い値段の場合は、素人が作っている場合もあることを考慮することが必要です。

こういったトラブルを避けるためには、口コミや評判をよくチェックしましょう。実績のある人気ショップは配送や品質にも気を遣っていることが多いですが、個人で行っている場合、そこまで気が回っていないこともあるようです。

販売元によって変わるプリザーブドフラワーの値段

実店舗で買う

プリザーブドフラワーのバラの花を12本の花束としてお願いする場合、インターネットショップや通販サイトを通じて買うよりも、お店で販売される値段は少し割高になることが多いです。だいたい1割から2割程度といったところでしょう。実店舗では、花が急に必要になった場合に対応してもらえますし、何よりも実物を見て購入を判断できるのが利点ですが、その分価格は少し高めなのかもしれません。

ネットショップを利用する

花を贈りたい日が決まっているのであれば、インターネットショップを活用して費用を押さえることも可能ですが、実物を見ることができないため、いざ商品が届くと破損していたというリスクがあるということを理解しておきましょう。

まとめ

プリザーブドフラワーは価格帯の広い商品です。自分が贈りたいと思うプリザーブドフラワーを決めて、初めてその値段が分かるようになります。花の種類や本数、箱の種類によって、また買うお店によっても価格が変わってきますので、贈りたいプリザーブドフラワーのイメージが決まったら、お店に問い合わせて、値段を直接聞くのが最も確実な値段のチェック法と言えます。適切な値段で買って、気持ちの良い贈り物ができるといいですね。