1000円花束の魅力とは?なんでもない日を特別な日にしよう!

お祝いや、お見舞いなど、時に応じてなにかと利用することの多い花束。花束を渡すのが照れくさいときや、ちょっとお金が厳しい時などは、さりげなく渡せる小さな花束を利用してみてはいかがでしょうか。1000円の予算でどのくらいの花束ができあがるのか、また小さい花束の使い道や、小さくても渡す相手に素敵だと思ってもらえる花束をつくるコツをご紹介します。

どんなときに1000円花束を買うの?

1000円の花束はミニ花束とも呼ばれています。最近は花を購入する人が減ったこともあり、このような小さな花束は人気があるようです。一般的にはどのように使われているのでしょうか。

ミニ花束は、家族間での誕生日のお祝いや、子供の習い事の発表会や卒園などのお祝いで使ったり、学生が卒業していく先輩に渡したりするケースがあるようです。また、渡したいプレゼントがある場合にそれに添える形で利用する人もいるようです。ミニ花束は、小さくまとまっていて飾りやすいことから、ちょっとしたお呼ばれの際に手土産とともに持って行ったり、自宅での利用に購入したりする人もいますよね。

1000円なら、誕生日やお祝いなどの特別なタイミングでなくても、ちょっと嬉しいことがあったときや、楽しみにしていた気持ちを表すのに気軽に使ってみてもよいでしょう。見るからに高額という感じでもないので、受け取った人もお返しに困ることがありません。

また、花はある程度日持ちもするので、その日の思い出として何日も楽しんでもらうことができます。

小さいサイズでかさばらないため、先方の持ち運びの邪魔にならないのも利点の1つですね。

1000円でどんな花束が買えるの?

出来上がっているミニ花束を買う

1000円前後の花束は、お店などでもよく出来上がったものを販売していることがあります。これらは、通りすがりの人の目を引くようパッとみて素敵に思えるように遊び心があったり、バランスよく組み合わさったりしているものが多いので、万人受けしやすいだけでなく、急いでいる時などにも気軽に購入できる点が魅力的です。

中には食卓に飾る用など、用途が記載されているものもあります。香りの強い花は食卓には向かないなど、花束にはある程度ルールもあるので、このように用途が記載されている花束であれば、花を購入するのに慣れていない人でも安心して使うことができますね。

自分で花をセレクトする

1000円分を自分でセレクトする場合は、まずメインにする花を決めましょう。特に1000円の花束は寂しくなってしまわないようにメインの花には華やかなものや、インパクトのあるものを選ぶとよいでしょう。あまり見たことのないようなエキゾチックな花も、相手の雰囲気に合うのであれば、よいかもしれません。何か物足りないと感じるときは、比較的安価であるのにも関わらず1つ追加するだけでおしゃれ度がグンとあがるグリーンなどもあるので、お店の人に聞いてみるのも手です。

花束を作ってもらうときは、イメージを伝えよう!

お店にお願いする時には具体的なイメージを伝えましょう。渡す相手の好きな花がわかっていれば、できるだけ入れてもらうようにし、わからない場合も、普段から好んで使っている色や服のテイストなどを考え、どのような花であれば喜んでもらえるか想像してみるとよいでしょう。プレゼントする相手の性別、年齢、印象、渡す場所なども伝えるとお店の人もイメージがわきます。逆に使わないでほしい花がある場合は、その旨も伝えましょう。具体的であればあるほど、イメージに近いものができやすいです。

ただし自分であまりにイメージを固めてしまうと、お店にその花がない場合や、あるけれど状態があまりよくなく、本当は他にもっとよい花があるのにもったいない選び方をしてしまうこともあるので、できれば柔軟にその場のインスピレーションや、お店の人のアドバイスを取り込んだ方がより新鮮でよい花束をつくれるかもしれません。

お店選びも重要

1000円の花束といっても明確にどのくらいという基準がないのは、季節やお店によって花の金額が変わるからです。さらに言えば、お店によって置いてある花の種類も異なります。お店の外に置いてある花をみれば、そのお店のテイストがわかるので、自分の描くイメージに合った雰囲気が感じられるお店を選ぶようにしましょう。

また金額もある程度把握しておいたほうが無難です。例えば1000円で3本の花しか買えないお店Aと、5本使って仕上げてくれるお店Bがある場合、Aのお店は、5000円や1万円を超える花束を作るときには、センスの光った花束を作ってくれるかもしれませんが、予算が1000円の場合は、単に組み合わせただけになってしまうこともあります。

そのお店Aが受け取り手の気に入っているお店であれば、ラッピングやお店のタグなどから、どこで購入したのかがわかり、喜んでもらえる可能性もありますが、そうでなければ、たった3本では、1000円分の花束と気づいてもらえないこともあります。

金額に気づいてもらうことは重要なことではありませんが、それでも、実際より低い金額のものだと思われてしまうのは得策ではありません。低コストに抑えるからこそ、仕上がりにはこだわりを持って選ぶことができれば、満足いく花束ができあがります。

良いお店を選ぶポイントはこれ!

プレゼントしたお花はできるだけ長く楽しんでもらいたいものですね。実はお店によって花の持ちも異なります。

花を扱ったことのある人なら知っている「水揚げ」という技術があります。これは、水をはったバケツやボウルなどの中で導管をつぶさないように茎を切り、切り口を整えることです。花にとって水は生命線ですが、切り口が整っていないと、水の中につけていてもうまく水分を吸収することができずに萎れてしまうのです。

大抵のお花屋さんでは水揚げは行っているものと思われますが、残念ながらきちんと処理されていない場合もあるようです。2、3度花を買えば、そのお店の花が長持ちするかどうかがわかるので、日頃から花を買ってみてお店を開拓していくとよいでしょう。

また実際に利用してみることで、お店の中を綺麗にしているか、花材をいれているバケツや、花瓶は衛生的か、などを見ることもできます。このような道具をキレイにしておくことは、単に見た目の問題だけでなく、バクテリアの繁殖を防ぐ際に重要なことです。バクテリアが繁殖していればやはり花は長持ちしません。

なお購入したお花は、自分でも水上げをすることで鮮度を保つことができます。定期的に切り口を整えて鮮度を保ちましょう。

1000円でも魅力的な花束にしたい!

ラッピングやリボンなどをプラスすることで、より雰囲気がよくなり、見た目の印象も変わります。ただしこれらの付属品も金額には含まれるので、逆にお店では簡易包装にしてもらって、自分でワックスペーパーをまいたり、麻紐で結んだりするだけでも雰囲気が出て、花束をよそ行き顔にすることができます。

また金額やサイズでは語れない特別感は、やはりその人のことを考えて選んだという気持ちであり、渡す人のことを考えて選んでいれば、たとえ一本の花でも特別な贈り物になることもあります。単純に年齢層や場所というのではなく、その人らしさを考えて選ぶとよいでしょう。

「花のことはよくわからない」という人でも、印象で選ぶことを繰り返していれば、花を選ぶことはできます。当人が思っている自分のイメージと違っていても話のタネになって面白いでしょう。

もともと花は目や鼻といった五感で楽しむものです。教科書を読んでルール通りに選ぶというよりも、五感を使って選んでみてはいかがでしょうか。

ただし、花の中には意外な花言葉があることもあり、選ぶ際には店員さんに相談しながら選ぶと安心です。

まとめ

1000円の花束でも十分に気持ちを伝えることができます。また手頃な金額で小ぶりながらバランスのとれた花束は、自分のために購入するのもオススメです。部屋に花を飾れば、自然と気持ちが穏やかになったり、疲れを和らげたりしてくれる効果があります。手頃な金額の花束を自分自身のリラックスのため、また気持ちを伝える潤滑油として気軽に使ってみてはいかがでしょうか?