花束にもマナーがある!結婚式で贈る花束の基礎知識

結婚式には花束を渡すシーンがいくつかあります。友人から新郎新婦へのサプライズで渡す花束、新郎新婦から両親への渡す花束など、どれも気持ちを込めて贈呈するため、贈る側としては結婚式の場にふさわしいものを選びたいところです。どんな花がふさわしいのか花束はどれくらいのサイズにすればいいのか、考えれば迷うことがいろいろあります。そこで今回は、結婚式の花束の選び方を紹介します。

新郎新婦に送る

友人として新郎新婦へサプライズの花束を渡そうと考えている人は、花の種類や花束のサイズをよく考えましょう。

結婚式当日は、結婚祝いのプレゼントなどをもらうので新郎新婦の荷物も多くなります。そんな二人に両手で抱えるような大きな花束を渡しても、かさばる荷物が増えて、かえって負担が増してしまいます。花束はなるべくコンパクトにまとめるようにしましょう。

小さな花束では見栄えが乏しいと気になる人は、器に入ったプリザーブドフラワーを選ぶという手もあります。プリザーブドフラワーは枯れることがないので、新郎新婦にも喜ばれる贈り物になります。

プリザーブドフラワーが入っている容器は、バスケットやボックスなどの割れないものにしましょう。「割れる」という言葉は破局を暗示させる言葉なので、結婚式にはふさわしくないとされています。陶器やガラスなどの容器に入ったものは敬遠するべきです。

今人気のプリザーブドフラワーの相場を詳しく教えます!

バラを送る時は注意!

バラは色の種類が多く、人気がある花なので結婚式に贈る花束でも重宝されます。しかし、注意したいのが赤いバラと黄色いバラです。

バラの花言葉は愛にまつわるものが多いですが、赤いバラの花言葉は「あなたを愛しています」「熱烈な恋」などより強い印象を与えています。恋人同士で贈るのは自然ですが、結婚式の場で友人の立場から贈るのは違和感があります。異性の友人ともなるとなおさらです。

また、黄色いバラには「友情」という友人から贈るにはふさわしい花言葉がありますが、ほかに「嫉妬」「薄らぐ愛」という結婚式にふさわしくない花言葉もあります。花言葉は1つの花にプラスの意味やマイナスの意味の言葉が混ざっていることがよくあるので、気を使いだすときりがありません。ですが、どうしても気になるという人は、無難にピンクや白のバラを選びましょう。

結婚式を欠席したときに送る

残念ながら結婚式の日はどうしても都合がつかないという人もいます。そんなときは「せめてお祝いの花束だけでも」と贈り物をする人もいます。

結婚式を欠席したときに贈るお祝い品は、ご祝儀の2分の1程度のものを贈るのが相場となっています。ご祝儀を30,000円包むつもりだったのなら、15,000円の花束を贈りましょう。15,000円程度の花束ともなると抱えるほど大きく花瓶にさすのも少し大変になります。そのため花を贈る場合は、高額でも大きくならないプリザーブドフラワーが人気です。

花を贈る時期

花を贈るタイミングは、結婚式の前か、結婚式当日、結婚式が終わったあとが挙げられます。

結婚式の前
結婚式の前に贈る場合は、早すぎても遅すぎてもいけません。結婚式の2~3週間前では気が早すぎますし、結婚式の前日では、新郎新婦が式の準備でばたばたしているのでふさわしい時期ではありません。ベストタイミングは結婚式の1週間前くらいです。

結婚式の当日
結婚式当日に贈るなら、送り先として式場、二次会のレストラン、ホテルとあります。二次会のレストランやホテルに贈ろうと考えている人は、まずそれらの店舗が花を受け取ってくれるかどうかを確認してください。そういったサービスをしていないところもありますので、確実に花束を贈るためには下調べが必要です。

結婚式のあと
結婚式後に花を贈るときは、新郎新婦の新婚旅行と重ならないように届けるべきです。とくに生花の場合は、日数の経過とともにしおれてしまいます。あらかじめ、新婚旅行の日程を聞いておき、花束が届いたときにはしおれていたということがないようにしましょう。

両親への贈呈

花束は新郎新婦が受け取るものだけではありません。両親へのお礼の言葉を述べるときに、一緒に花束を渡すこともあります。このとき渡す花束の相場は5,000円程度です。

ストレートで花を贈る

自分の親に花束を贈呈することは「ストレート」といって「今までありがとう」と感謝の意を込めて手渡します。

ストレートで花を贈る場合は、花言葉に「感謝」が入っている花を混ぜておくと、花束で気持ちを表すことができます。感謝を花言葉に持つ代表的な花は、母の日でもおなじみのカーネーションです。

黄色のカーネーションには「軽蔑」という花言葉が含まれています。カーネーションを花束に使うのなら、ポピュラーな赤やピンクを用意しましょう。

カーネーションのほかにはダリア、カスミソウ、ピンクのバラにも感謝という花言葉が含まれています。

クロスで花を贈る

相手の両親に花束を渡すことは「クロス」といい、「これからもよろしくお願いします」という意味で花束を贈呈します。

クロスで花を贈るなら、「希望」「常に前進」といった明るい未来を彷彿とさせるガーベラや、「尊敬」という花言葉を持つ白いバラを使うといいでしょう。

ウエディングブーケ

結婚式の花束で忘れてはいけないのがウエディングブーケです。ウエディングブーケと一口に言っても、使われる花の種類は多岐にわたります。ブーケの種類を決める参考になるよう、ウエディングブーケによく使われる花を4つ紹介します。

バラ

まず、最も定番なのはバラです。バラは色の種類が豊富なので、ドレスに合わせて品種を選ぶことも可能です。

カサブランカ

教会の雰囲気とマッチするカサブランカもブーケの定番の花です。花言葉は「雄大な愛」と結婚式にもぴったりです。キャスケードと呼ばれる、流れる滝のような形状のブーケを作るときによく用いられます。

カラー

3つ目はカラーという花です。花言葉は「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」など花嫁にふさわしい言葉が並びます。カラーは、アームというすらりとしたブーケに使われます。

ブルースター

そして近年人気を集めているのがブルースターです。最近のブライダルでは、サムシング・フォーという欧米の風習を取り入れる方がいます。サムシング・フォーとは、結婚式で花嫁が「何か新しいもの」「何か借りたもの」「何か古いもの」「何か青いもの」これら4つを身に着けると必ず幸せになるという言い伝えです。ブルースターは青い花なので「何か青いもの」に当てはまります。花言葉も「幸福な愛」なので結婚式のブーケに向いている花になります。

チャイルドブーケ

新郎新婦に出席者の子供から花束を渡すイベントをチャイルドブーケといいます。チャイルドブーケは、新郎新婦側から結婚式に出席するお子さんの家族に事前に依頼をするものです。花束はどちらが用意するべきという決まりはないので、依頼をするときにあらかじめ相談をしておきましょう。

チャイルドブーケの花束はお子さんでも持てるように小さなものにします。お子さんが持つと栄えるような可愛らしい花束にするのがベターです。

花屋で注文するほかにも、ブライダルのギフトショップでは、すでにチャイルドブーケとしてまとめられた花束が売られています。値段は3,000円前後の品が多いです。

まとめ


花言葉を参照しながら花束を決めるのもいいですが、過剰に神経質になる必要はありません。新郎新婦の好みの花がわかっていればそれを花束に包んで贈呈するのもアリです。また、新郎新婦は両親に贈呈する花束やウエディングブーケは、ウェディングプランナーと相談しながら決めるのもいいでしょう。形式を守るのも大切ですが、一番重要なのは相手を想う気持ちです。気持ちをこめて花束を贈呈しましょう。